FC2ブログ

松戸市・柏市・流山市で新築一戸建、中古一戸建・マンション等住宅を求める方々のお役にたちたいと奮闘中!地域性は強いかもです。

イーホームの「新築4LDKで駅10分?」

.

住宅購入時の諸費用①

  1. 2011/08/05(金) 15:30:00|
  2. まめ知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
こんにちは。イーホームのhanaです。

涼しく過ごしやすい日が続いてて「今年は楽だなぁ」と思ってたら やっぱり暑くなってきちゃいましたね^^;

自分的には海にもプールにも行かないので、涼しいままでヨカッタのに・・・。まぁ夏だし仕方ないか。


さて今回は『住宅取得時の諸費用』のうち、第一弾として登記費用に関して書き込みたいと思います。


住宅の場合、「自分の住まいとしての登記」と、「そうでない(資産運用の賃貸用等)登記」があると思いま

すが、今回は自分の住まいとしての登記(一戸建)に関しての書き込みになります。一戸建の場合、土地

の登記と建物の登記になります。土地と建物の登記は別々なのです。

自分の住まいとしての登記には一定の要件を満たすことによって軽減措置がありますのでかなりお得です ^^v

その部分はまた次の機会ということで・・・


まずそもそも登記って何?ってトコですが、簡単に言うと「この土地(建物)は私が持ってますよー!」と

第三者にもわかるように記録保存しておくことですね。購入した住宅(土地と建物)を自分名義に変更して
とうきぼとうほん
登記簿謄本に記録することを「登記する」といいます。その地域を管轄する地方法務局で管理しています。

登記することにより所有者に対抗要件が備わり、売買や相続といった所有権の移転や、抵当権の設定・抹消

といった不動産の権利関係に関する作業が可能になります。(むずかしいか・・・^^;)


まず新築の場合、今まで存在しなかった建物が完成して、不動産として初めて登記されるわけですから

「表題登記」というものが必要になります。建物の登記簿謄本の表紙を作るという感じですね。

大手ハウスビルダーさんの場合、一括して任されている土地家屋調査士事務所がありますので、そこが

担当してやっていただけるはずです。建物の表題登記土地家屋調査士さんのお仕事になるわけです。

一般的な木造4LDKクラスの一戸建でだいたい8万円~10万円くらいになると思います。


次に建物に関しては①「所有権保存登記」。 先の「表題登記」で建物謄本の表紙ができて、その後に所有権

欄のページを作るという流れですね。(所有権が表記される部分は登記簿謄本の甲区といいます)

土地に関しては②「所有権移転登記」です。売主さんの名義になっている所有権を買主さんに移転するという

作業です。また、住宅購入の際、金融機関からの借り入れをする場合(ほとんどの方がそうだと思いますが)

「抵当権の設定費用」が別にかかります。軽減措置で借入額の1/1000がその額ですね。借り入れ1千万円

で1万円、2千万円で2万円という具合です。(抵当権等が表記される部分は登記簿謄本の乙区といいます)

上記の①と②と③に、作業をして頂ける「司法書士さんの報酬」を合計して登記費用となります。



土地、建物の規模や構造、所在によって違いはあるのですが、松戸市、柏市地区の一般的な一戸建の場合、

①②③の合計に司法書士さんの報酬を足して30万~40万前後位になると思います。表題登記と合わせると

約40万~約50万といったところでしょうか。この金額は購入契約を終えて、残金決済をするまでの間に仲介

の不動産やさんや売主のビルダーさんから詳細を出していただけるので安心です。


ちなみに中古住宅の場合、土地、建物の謄本は既に存在してますので、土地、建物共に所有権移転登記

なります。築年数が20年以内で、自分の住まいであれば新築と同様に登記費用の軽減措置がありますので

金額的には同じくらいか少し安いくらいかな?(評価額によって違ってきます。建物は古くなるので)

金融機関からの借入をするのであれば、やはり抵当権設定費用もかかりますのでお忘れなく。^^


残金の決済をする時に 司法書士さんが同席の上、細かな説明をしてくれて、ご理解を得た上で登記申請を

出します。その際に上記登記費用をお支払いするようになります。登記申請から1~2週間位で新しい所有者

に名義変更した「権利証」と「登記簿謄本」が出来上がり、司法書士さんから新所有者さんへ届けられます。

謄本見本
↑見づらいですけど謄本(土地)の見本です↑


以上、具体的に この土地建物を登記する!というわけではないので、ホントにザックリした説明になってしま

ったのですが、まめ知識としてほんの少しはお役にたてたでしょうか?


実際に、ご自分の名義で登記された土地建物の登記簿謄本をご覧になられると

「俺の家だ~~~!!」

という何とも言えない感動が湧いてくるはずですよ♪ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ




そんな感動の瞬間に常に関わり続けたいイーホームhanaでした。(ノ´∀`*)

それではまたーノシ




↓↑クリック(人´∀`*)お・ね・が・い☆ミ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ


<<ここのところ・・・ | BLOG TOP | どんまい (o・_・)ノ”(ノ_>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback